ホーム > CSR活動 > 環境への取り組み > 活動の基本的な考え方

環境への取り組み

活動の基本的な考え方

当社および関連企業は、地球環境に配慮した活動を進めるにあたり「環境憲章」を定め、環境保全活動への取り組みを推進しています。

環境憲章
基本理念
いであ株式会社及び関連企業は、社会基盤の形成と環境保全の総合コンサルタントとして、日々の活動を通じ、地球環境を保全し、健全で恵み豊かな環境の恵沢を次世代に引き継ぎ、持続可能な社会の維持・発展及び望ましい環境の創造に寄与することを基本理念として行動する。
方針
  1. 環境保全、環境創造、環境事業並びに環境に配慮した社会資本整備に資するため、研究・開発に努め、社会に貢献する。
  2. 資源循環型社会の構築を目指し、地球環境にやさしい企業行動に努める。
  3. 社員の環境への意識向上を図り、地球環境保全活動に積極的に参画する。
行動基準
  1. 環境の保全、創造、リスク等に関する調査、研究、技術開発を推進する。
  2. 社会資本整備の計画・設計にあたっては環境に配慮する。
  3. 資源の効率的利用、リサイクルの徹底により、廃棄物を削減する。
  4. 資源の最適利用、ライフスタイルの変更を通じ、省資源・省エネルギーに努める。
  5. 環境マネジメントシステムの定着を図り、環境保全の自主管理体制を強化する。
  6. 環境教育により社員の環境保全への認識を高めるとともに、環境情報を社会に向け発信する。
  7. 地域社会や国際社会と協調し、環境保全活動等に積極的に参画する。

ISO14001による環境マネジメント

当社は、ISO14001取得事業所(本社および国土環境研究所)において、環境憲章の理念に基づき、環境への負荷低減と環境保全活動の着実な推進と実効性を確保するため「環境方針」を定めています。

環境方針
基本理念
当社は、社会基盤の形成と環境保全の総合コンサルタントとして、地球環境を保全し、健全で恵み豊かな環境の恵沢を次世代に引き継ぎ、持続可能な社会の維持・発展及び望ましい環境の創造に寄与することを基本理念として行動する。
環境方針
  1. 環境教育や研究・開発を推進し、社員の環境意識を高めるとともに、環境保全業務の質を向上する。
  2. 社会資本整備の計画・設計にあたっては、初期の段階から環境に配慮した設計を実施するとともに、環境影響評価の施策を確実に実施するための環境マネジメントに取り組む。
  3. 環境に係る法律、条例及び規制等を遵守する。
  4. 廃棄物の分別回収や薬品回収等の実行により、資源リサイクルを徹底し廃棄物を削減する。
  5. 電力、水道及び用紙の使用量削減等の活動により、省エネルギー・省資源に努める。
  6. 環境監査や経営層による評価・見直しを実施し、環境マネジメントシステムの有効性を継続的に改善する。
  7. 地域社会や国際社会における環境保全活動に積極的に参画するとともに、環境情報を社会に向け発信する。

環境管理組織図
環境管理組織図

ISO14001自己適合宣言による環境マネジメント

環境創造研究所では、ISO14001に記載のある「この規格との適合を自己決定し、自己宣言する」を適用し、2007年10月1日から「ISO14001自己適合宣言」による環境マネジメントを行っています。

環境創造研究所における環境方針
環境創造研究所はいであ株式会社の環境科学分野の研究所として、全社に適用される「環境憲章」に則り、環境生物、環境化学、環境リスクの分析・実験/試験とその関連業務活動について、以下の環境方針によって職務を遂行する。
  1. 環境保全、創造、リスク等に関する技術開発を積極的に推進するとともに、従業員への環境教育を実施し環境意識を高め業務の質の向上を図る。
  2. 環境に係る法律、条例及び地域との協定等を遵守する。
  3. 廃棄物の分別回収や薬品回収等の実施により、資源リサイクルを徹底し廃棄物を削減する。
  4. 電力、水道及び用紙の使用量削減等の活動により、省エネルギー・省資源に努める。
  5. 環境監査や経営層による評価・見直しを通じ、環境マネジメントシステムの有効性を継続的に改善する。
  6. 地域の環境保全活動や環境学習活動・清掃活動などに積極的に参画するとともに、環境情報を社会に向け発信する。

その他の環境マネジメントシステム

名古屋支店は、みえ・環境マネジメントシステム・スタンダード(M-EMS)を認証取得し、環境マネジメントを行っています。また、エコ事業所としても登録されています。

ページトップへ