ホーム > ニュースリリース > 2017年

2017年 ニュースリリース

 サービス・技術 (日刊建設工業新聞 2面)

i-Con ニーズとシーズマッチング 最先端技術13件紹介 国交省がピッチイベント

記事を読む (236KB)

国土交通省は29日、建設現場への最新技術の導入に向け、行政や現場のニーズと最先端技術のシーズとをマッチングさせるピッチイベントを東京都内で開いた。建設現場の生産性向上策i-Construction推進の一環。4月のニーズ説明会を受け、対応するシーズを発表し、現場導入に向けたマッチングを促進するのが狙い。今後も複数回開き、企業間連携や新技術開発につながる場にしていく。

産学官でつくるi-Construction推進コンソーシアムに置かれた技術開発・導入ワーキンググループ(WG)が、建設現場のニーズと最先端技術のシーズを把握し、現場への技術導入に向けた検討を行っている。新技術発掘や企業間連携を促進するのを目的に、ニーズとシーズを抽出するアンケートを2~3月に実施。ニーズで約1700件、シーズで約200件が寄せられた。

国交省は4月に行政や現場のニーズの説明会を開き、WG会員の約300人が参加。地方整備局職員やWG会員が29件のニーズを説明した上で、期待するシーズ、求める技術を発表した。

ピッチイベントには、WG会員の約170人が参加。説明会でのニーズに対応するシーズ8件、その他のシーズ5件の計13件についてシーズ保有者がそれぞれ発表した。

国交省官房技術調査課の吉岡大蔵環境安全・地理空間情報技術調整官は「ニーズとシーズのコミュニケーションを今後も重ね、その成果を現場に導入することが重要。最先端の要素技術を現場で試して、その結果をICT土工などに反映させ、進化させていきたい」とあいさつした。

《ピッチイベントで発表されたシーズ(カッコ内は説明者)》

■画像解析技術
△水中3Dスキャナーによる水中構造物の形状把握、維持管理・点検技術(いであ)△画像・映像の高度解析技術(NTTデータ経営研究所)

■構造物点検・モニタリング
△AEセンサーを用いた打音現場検査装置とクラウドサーバーによる検査データ解析ならびに検査データベース管理(原子燃料工業)△高精度の地上レーザースキャナーを利用した土木構造物の変化把握(八州)

■遠隔地からの状況把握
△遠隔ビジュアルコラボレーションによる遠隔現場支援ソリューション(パイオニアVC)

■地形、構造物、作業員を識別する技術
△ALR(AllLineRecognizer)による工程での不具合検知(リコージャパン)

■データ・ソフトなどの標準化
△3D/2D図面、技術文書統合管理システム「NaviPortal」(東電設計)△次世代データ共有プラットフォームCIM-LINK(伊藤忠テクノソリューションズ)

■その他
△交通規制をすることなく道路周辺の360度画像および3D点群データを収集する技術(トプコン)△自動車計測技術の土木建設業への応用事例(曙ブレーキ工業)△効率的なプラント設備監視手法(中日本建設コンサルタント)△スマートフォン・IoTデバイスを活用した作業員の安全管理と生産性向上(日立ソリューションズ)△3次元点群データ表示ソフトウエア「LaserMapViewer」(アジア航測)

ページトップへ