ホーム > 技術 > 技術資料 >ヒアリの遺伝子検査(DNA検査)

技術資料

-企業・大学・行政の方へ-
ヒアリの遺伝子検査(DNA検査)受託します

この度のヒアリアカカミアリの侵入について、
生息調査・対策におきまして弊社の技術および知見を活かし、サポートいたします。

遺伝子検査について

ヒアリ生きた個体や完全な死骸があれば確認・同定は容易ですが、破片しかない場合には観察では確認できず、侵入に対する予防措置を講じることができません。遺伝子検査であれば、完全な虫体はもちろん、虫体の破片やコンテナの中から採取した塵芥からDNAを抽出することによりヒアリの存否を確認し、リスクの評価をすることができます。

以下のようなサンプルからDNA検査が可能です
DNA検査対象試料

Q&A

Q:DNA検査で何が判りますか?
ヒアリ・アカカミアリ等(のDNA)が存在していたことが判ります。
Q:どのように試料を送ればよいですか?
疑わしいアリの破片と思われるものがあれば、手袋をして、ピンセットでつまんで、清浄な容器(プラスチック小瓶、チャックつきビニル袋など)に入れて送ってください。
Q:判定はどのように行われますか?
USDA(米国農務省)のプロトコルに準拠している遺伝子検査を行い、ヒアリ類遺伝子の検出・不検出(遺伝子定性検査)の結果をお送りいたします。この検査では、形や素材での判断はいたしませんのでご注意ください。
Q:DNAが抽出されない場合もありますか?
はい。DNAが取れなかった場合には、DNA不検出としてご報告いたします。
Q:植物、小石、包装、容器などにこびりついているものも検査できますか?
はい。可能ですが、可能な限りこびりついているものだけをお送りください。余分なものや他の生物由来物が多ければ多いほど、アリ以外に由来するDNAが増え、不検出になる可能性が高くなるのでご注意ください。
Q:どのくらいの時間がかかりますか?
応相談(1週間程度~)
Q:判断ができないケースの代表例を教えてください。
・灰になるくらい燃えてしまった破片。
・サンプル量が少なすぎる場合(必要量は要相談となります)。

検査のお申し込み・お問い合わせ

検査のお申し込み・お問い合わせはこちらのフォームから
お電話の場合:TEL 06-4703-2865
(担当:いであ株式会社 プロフェニックス事業部 大房(おおふさ))
ページトップへ