ホーム > 技術 > 技術資料 > マルチビームソナーによる海底調査

技術資料

マルチビームソナーによる海底調査

高分解能マルチビーム測深機により、迅速に広範囲の深浅測量が行え、
海底状況を詳細に把握できます。
PDF版 (661KB)
関連技術資料:水中3Dスキャナ搭載ROVによる水中調査 

特長

当社では、深浅測量や海岸構造物のアセットマネジメント等に威力を発揮する、ワイドバンドマルチビーム測深器「Sonic2024」(R2SONIC社製)を導入しました。

Sonic2024は、最大160°のビーム幅で広範囲を一度に測量することが可能であり、ビーム幅を狭めることにより、高精度な測量も可能な高性能なマルチビームソナーです。

当社が有する豊富な水質・底質・生物調査の実績やGISを駆使した解析結果等と、マルチビームソナーの測量結果を合わせて解析することで、より詳細な海底環境の把握が可能となります。

マルチビームソナーによる調査イメージ

マルチビームソナーの活用例

深浅測量 アセットマネジメント 海底がれき等調査 環境調査
  • 覆砂・浚渫後の施工状況の確認
  • 貧酸素水塊の発生原因となる深堀部の確認
  • 洋上風力発電施設の基礎部の海底状況調査
  • 護岸の欠損等の確認
  • 消波ブロックの散乱状況の確認
  • 魚礁の位置・形状の確認
  • 震災後のがれき等分布調査
  • 海底ゴミの分布調査
  • 藻場やサンゴ群集の分布状況把握
  • 浅場造成後の状況確認

マルチビーム測量の利点と主な仕様

マルチビーム測量の利点と主な仕様
■当社所有のSONIC2024の主な仕様
周波数 200~400kHz、700kHzのウルトラハイレゾリューションも搭載
ビーム幅(直交方向×進行方向) 0.5°×1°(400kHz)、0.3°×0.6°(700kHz)
ビーム数 256
測探モード EA(Equi-Angle:等角度測深)、ED(Equi-Distance:等密度測深)
スワッス角 10~160°
最大測定水深 400m
レンジ分解能 1.25cm
サイドスキャンソナー(Snippets機能搭載) サイドスキャンイメージと地形データを同時に取得

用途に応じた豊富なアウトプットイメージ

アウトプットイメージ
ページトップへ